メンデル の 法則 血液 型。 【高校生物の物語】血液型と性別の決まり方 【身近な遺伝】

の 型 血液 メンデル 法則

2017年11月1日閲覧。

14
の 型 血液 メンデル 法則

例えば、 A型の遺伝子と A型の遺伝子、 A型の遺伝子と O型の遺伝子・・・・といった具合です。 ここから生まれる F 1(第 1世代)では、すべて Yyという組合せになるので、優性である Yの遺伝形質のみが発現し、すべてが背の高いエンドウになりました。

の 型 血液 メンデル 法則

という訳で、完成した家系図がこちらです。

の 型 血液 メンデル 法則

おもてとうら不一致時に考えられる可能性。

の 型 血液 メンデル 法則

上の図説のように、 生まれてくる子供の血液型の確率は、 A型が100%となります。 今でこそ、献血の際には、血液型が一致しないといけないのは常識となっていますが、ABO式の血液型が明らかになる以前は、戦争などの負傷者に対して、輸血が有効な場合とそうでない場合がある理由が分かっていませんでした。

の 型 血液 メンデル 法則

一民族がAまたはBのいずれか、あるいは両方を欠くか、その遺伝子頻度が非常に小さい場合、この民族は人類にAまたはBの突然変異が起こる前、またはAやBの広がる前からほかの民族と孤立して生存していたと考えられる。 2019年3月13日閲覧。

8
の 型 血液 メンデル 法則

A遺伝子はA抗原を発現し、B遺伝子はB抗原を発現します。 365• すでに述べたように、遺伝子は染色体上にあり、しかも1本の染色体上には、複数の遺伝子が存在する。 このように、 子の性別は受精した父親の精子がX染色体を持っていたのか、Y染色体を持っていたのかによって決定されます。