アンネローゼ ローゼン ハイン。 クィン・マンサ

ローゼン ハイン アンネローゼ

(2001年)• (2002年)• ロン、ハワード 漫画版に登場。 その間、ヴィンセントが何度か自分を後ろから撃とうとしたことを知っており、彼の仲間を殺してしまった贖罪をしなければならないとも感じており、死ぬときはヴィンセントの手で殺されたいと願っている。

9
ローゼン ハイン アンネローゼ

元は戦災孤児で、1年戦争時、オーガスタ研究所製の特殊システムHADESの被験体であり、それを搭載するモビルスーツ・のパイロットでもあった。

ローゼン ハイン アンネローゼ

クロエを治療するために地球に降りたヴィンセント、クロエ、ハイヤーの3人は、同じくスレイヴ・レイスの生き残りのフレッド・リーバー率いるジオン残党の力を借り、HADESの旧研究施設を占拠していたトラヴィスの元にたどり着くが、ペイルライダーとクロエの奪取を企む科学者と、HADES被験体の生き残りであるフィル・デールの襲撃を受ける。 時は流れ、0090年。

19
ローゼン ハイン アンネローゼ

3MW。 偶然にも地球へ降下するペイルライダーと出会ったことからHADESの奪還を目論む研究者とともに、に搭乗し追撃する。 父親に対しては、母と自分を捨てたものだと思い込み良い感情を抱いていなかったが、敵兵として砲火を交え、時に共闘した気さくで話の分かる男・トラヴィスが自分の父親であると知って拍子抜けしてしまう。

ローゼン ハイン アンネローゼ

ではA・D小隊が全滅。 マルコシアス隊のギーの小隊に所属。 MSのどこか(基本的に胸部)に部隊章が描かれているのが特徴。

ローゼン ハイン アンネローゼ

スレイヴ・レイスと同様なグレイヴの囚人部隊所属で、マーヴィンとは顔なじみ。 F小隊隊長。 コクピットは頭部にあり、緊急時にはこれを分離する事で脱出ポッドとして機能する。

9
ローゼン ハイン アンネローゼ

グレイヴによって無茶な実験や投薬を受けさせられ続けるクロエを常に心配しており、機体が損壊した時にはクロエのことを真に案じるなど、もはや母親に近い存在である。

14