不倫 慰謝 料。 【事例あり】不倫相手(愛人)や配偶者に高額慰謝料を請求する方法

慰謝 料 不倫

慰謝料額の増額要因として、不貞行為が婚姻破綻の原因になったこと。 配偶者が不倫相手の子を認識したこと• 約束違反が判明した場合の対処法を取り決めておく場合の記載• 一般的には婚姻関係を継続する場合には配偶者ではなく不倫相手に請求することが多いと考えられます。

11
慰謝 料 不倫

判決を受けても応じない相手には、次の強制執行をかけて回収する最終手段を取ることになります。 不倫慰謝料の法的な相場は50〜300万円程度 不倫慰謝料には法的な相場があります。

慰謝 料 不倫

相手は妻が既婚者であることを十分に認識していたこと。 そのため、「 慰謝料が増額されても、弁護士費用を差し引いたら自分で請求した場合と変わらないのではないか」と疑問を抱いている方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、不倫の慰謝料請求は、法律上で認められた権利です。

3
慰謝 料 不倫

たとえばAの夫であるBがCという女性と不倫をした場合、Aは自分の夫であるBに慰謝料の全額を請求することもできますし、夫の不倫相手であるCに全額を請求することもできます。 このテクニックは、配偶者と離婚しない場合に利用できるものです。 「自分は請求できるのか。

11
慰謝 料 不倫

高額な慰謝料を獲得する方法 配偶者に不倫されたとき、高額な慰謝料を獲得するには以下のような点に工夫が必要です。

14
慰謝 料 不倫

慰謝 料 不倫

配偶者が不倫被害者の署名を偽造して離婚届を提出したこと• ただしそういったケースでも 「今後は二度と連絡を取らない」などと約束させて、万一不倫を再開した場合には高額な「違約金」の支払いを約束させるべきです。 ・配偶者と浮気相手が、部屋やホテルなどの場所で、裸で移っている画像や動画(配偶者と浮気相手が一緒に写っていても相手の女性がひとりでも良い)• 浮気による家庭生活への影響が大きい場合、慰謝料が上がる• ・配偶者と浮気相手が交わしたメールや手紙で、浮気していることが推測されるもの。 「記載項目」は条文数で示すと、概ね8条から12条、ご依頼人のご事情によっては15条になることもあります。

6