てん すら。 転生したらスライムだった件

すら てん

スライムは粘性生物、あるいは妖魔族とも表記される種族であり、普通は思考もせず吸収・分裂・再生を繰り返すだけで、生息領域から出ることも滅多にない最低位モンスターである。 武器生成やスキルカスタマイズなど、育成要素も揃っているので、しっかりとしたやりこみ要素のあるRPGを堪能できるぞ。 そこは「死霊の王(ワイトキング)アダルマン」が守護しており3人は苦戦を強いられたものの、シュナ対アダルマンの一騎討ちでシュナが勝利したことによりアダルマンとその部下たちはカザリームから受けていた呪縛から解き放たれ自由の身となりシュナに忠誠を誓う。

14
すら てん

その魔王種が大量の魂を生け贄に超進化を行う事で、真なる魔王になる。 ただしテンペストは気に入っている様子。 戦闘力は他の魔王と比べれば低いが頭脳明晰であり、クレイマンの企みをおおよそながら把握していた。

すら てん

第4話では暫定ではあるものの、能力の一部が回復している。 リムルが初めて会話したゴブリン。

9
すら てん

元リザードマン王国の首領親衛隊長。 TVアニメ 2020年3月、が発表された。 でありながら魔王でもある稀有な存在。

15
すら てん

リムルの魔王覚醒の祝福によりヴェルドラの暴風系魔法に加え、ユニークスキル「 魔狼王」を獲得して一族を完全に統率した連撃が可能となり、「影移動」は「空間移動」に進化する。 同時にベニマルの妻となる決意を表明し、ベニマルに好意を寄せているアルビスらと妻の座巡る攻防の幕開けとなる。

5
すら てん

いくら進化しようとイヌ科の本能からは逃れられないらしい。 ある程度、戦闘を繰り返しているとゲージが溜まり、キャラのアイコンが光り出す。 自分のスキルに影響されないリムルが異世界から転生した同郷人と知り、自身の庇護を申し入れる。

すら てん

魔王の決まり 魔王として正式に認められるには、最低三名以上の他の魔王からの承認が必要。 フォビオがカリュブディスから分離されて生き延びたことで、リムルらはこれが魔王クレイマンの思惑の内にあることを知り、魔王クレイマンを敵と認識しその動向に注意を払う。

2
すら てん

。 通称三バカ。

20