突発 性 血小板 減少 性 紫斑 病。 子どもの特発性血小板減少性紫斑病とは

性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

急性の患者さんの約90%は、数週間から数か月間で、自然に治ってしまいます。 慢性ITPでは、最近、ピロリ菌感染がみられる患者さんにピロリ菌除菌で血小板数が上昇することがあることから、治療戦略が見直されています()。

11
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

4週間続けて効果をみ、プレドニゾロンは、なるべく早く減量、ないし中止し、ほかの薬剤は有効なら使用を続けます。

性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

原因は何か 免疫異常によって産生される血小板に対する自己抗体は、血小板関連免疫グロブリンG(PAIgG)とも呼ばれ、血小板膜に結合し脾臓、肝臓、骨髄の網内系細胞(主にマクロファージ)に貪食され、その結果、血小板が減少します。 脾臓摘出が困難な場合や、摘出しても効果が得られない場合は、他の薬物療法を行います。 怪我や月経などの出血で通常よりも多量に出血する状態 さまざまな出血症状のなかで圧倒的に多いのは紫斑(皮下出血) 特発性血小板減少性紫斑病は、さまざまな出血症状が起こります。

10
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

特発性血小板減少性紫斑病の原因 特発性血小板減少性紫斑病の原因は不明とされる一方で、 その原因は抗血小板自己抗体によるとする説が最も有力です。

10
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

治療効果が得られない場合はが施行される。 特に20~40代にピークがあり女性に多く見られますが、60~80代にも多く認められているため、成人は幅広い年齢で注意が必要です。

2
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

。 トピックス• 骨髄検査:腰骨や胸の骨を刺して骨髄を採取する検査• 輸血後血小板減少症とは、不適合輸血により輸注された血小板に対して同種抗体が形成され、輸血後1週間くらいから血小板が減少するものです。

6
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

血液凝固系 [ ] PT 、 APTT などの血液凝固系に異常はみられない。

19
性 血小板 病 突発 紫斑 性 減少

鼻出血• また、はじめから慢性型として見つかることもあります。

15