小説 の 中 の 悪女 皇帝 に なっ た ネタバレ。 小説の中の悪女皇帝になった【7話】ネタバレと感想:ピッコマ|あなたの暮らしに役立つように

の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

そこにペヌースがブレーキをかけたら、反逆勢力の中で分裂が生じます。

8
の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

ここでつぐみは勝負に出ようとします。

8
の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

「調子に乗ってんじゃねぇぞ!」 吹っ飛ばされた男の仲間が女性の頭を掴んだその時、その手に鋭い拳が入り、女性は男の手から助け出されます。 ユリアがユースト側の貴族による反逆の意志は折れたのか?と尋ねると、フェリックスはそれも時間の問題で、明日はユースト隊長が面談を要請するようだと答えた。 ベヌース伯爵は、殺すか生かすかは皇帝であるユリアの気まぐれだから感謝はしないと言った。

の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

ここから先は、小説の中の悪女皇帝になった、第7話のネタバレでございます。 ロビアとナドルカは協力して皇女を守り、ロビアは命をかけて皇女を守り、重症のロビアを見て皇女はまたロビアを愛人に戻します。 戦争から帰ってきた皇帝の酒に薬を盛り、美しい男を送り続け、そして正気を失った彼女はからくり人形のような皇帝になった。

の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

確認されてしまえば確実に何かやましいことが出てくるフェーズは何とか回避しようと往生際の悪さを見せます。 右には手掛かりになるかもしれないあの女、左には辛そうに助けを求める女性の声。 宰相に就任してから1ヶ月、ユリアが指示する容赦ない仕事量のせいで、べヌース伯爵の疲労は 他の貴族たちが噂するほどまでになっていたのです。

14
の ネタバレ 悪女 に 皇帝 なっ 中 た の 小説

それは、つぐみがフェーズの上司であるということです。 小説の中の悪女皇帝になった【7話】ネタバレ つぐみの作戦はこうです。

6