うさぎ の 数え 方。 うさぎの数え方はなぜ「一羽」?その意外な由来と理由とは? | Rabbit,Love it!

の 方 うさぎ 数え

さらに火葬され骨となると今度は「柱 はしら 」となります。

14
の 方 うさぎ 数え

これは単に、4つ足の獣を禁止することはたやすいのに対して魚や鳥の禁止というのは難しかったことが理由として挙げられます。 数える単位として「羽」が使われるようになった説はたくさんありますが、有力な由来として「僧侶が言い始めた」と言われています。 しかし、江戸時代になってから殺生禁止と肉食禁止令というものができて、4本足の動物の肉を食べてはいけないことになりました。

13
の 方 うさぎ 数え

うさぎを「匹」と数えることで食用というイメージがなくなります。 イカの胴体も、イカ飯 めし やイカ徳利 とっくり などように、杯 さかずき に似ていることから、「杯 ぱい 」と数えることになった言われている。

16
の 方 うさぎ 数え

となると、ウサギは明らかに4足の獣ですから、普通に考えれば肉食禁止令の範疇に入りますよね。 その昔、うさぎを見た人がうさぎの耳を見て鳥の羽みたいだと思ったようです。

の 方 うさぎ 数え

・狩猟の方法が鳥と同じだった説 さらに、うさぎの狩猟の仕方は、 鳥と同じように、網を使って捕まえてたことから、来た説もあります。 「2兎を追う者は1兎をも得ず」ということわざは日本では度々使われています。

5
の 方 うさぎ 数え

スポンサードリンク• そうなると「匹」と「羽」のどちらかですが、うさぎの場合はどっちなのでしょうか。

19
の 方 うさぎ 数え

室町時代の文献にはうさぎを1匹・2匹と数えていたことが明記されていましたし、「匹」で呼ぶことも間違いではない事が分かります。 よく使う本(ほん)と輪(りん)の使い分け たくさんの数え方を紹介しましたが最もよく使うのはやはり「本」と「輪」でしょう。 うさぎ愛好家としては、決して使うことのない数え方ですね。

1