キラキラ aiko 歌詞。 aiko「キラキラ」の歌詞の解釈とは・・・!?

歌詞 キラキラ aiko

そんなaiko独自の言葉選びからの曲作りが、彼女の世界観を作り上げているのです。 味わい深い歌詞 aikoの楽曲は、 恋愛に対する感性がそのまま歌詞に表現されていることが多いです。 まずはaikoの楽曲の魅力を紐解いていきましょう! 独自性溢れるメロディ 「aikoの歌は歌いにくい」「音程が難しい」と思うと同時に、ファンでなくても、「 この曲aikoっぽい」と感じたことがあるのではないでしょうか。

5
歌詞 キラキラ aiko

型にはまらない常識を超えたコード進行とメロディで聴き手は魅了され、aikoワールドにどっぷりとはまってしまうでしょう。 ただ見ているだけでよかったのに、それ以上の気持ちが湧いてきてしまうといったいじらしい乙女心がなんとも可愛らしい楽曲です。 謎の歌詞の部分は心で聴くんですvv 『彼はもう私の元を離れて行方もわからず、帰ってこないことはわかっている。

15
歌詞 キラキラ aiko

ちょっと古い曲ですが、aikoのキラキラって歌詞の解釈が難しいですよね. カブトムシの甲羅の中は脆くて柔らかい。 またこの曲、発売当時は 「がんばっていきまっしょい!」のとしても注目を浴びましたね。

18
歌詞 キラキラ aiko

。 そこで色々考えていたら、すごく不気味なこと思いついちゃったんです。

6
歌詞 キラキラ aiko

自身の20代最後のシングル。 三国駅• 彼が戻ってくるのか、悲しい日が続くのかは分かりません。

7
歌詞 キラキラ aiko

どれも共感でき、aiko独特のメロディが心に響いてくる音楽です。