アズノール 軟膏。 アズノール軟膏の効果と副作用:あせもやニキビ、陰部に使える?

軟膏 アズノール

そのためお薬を吸収しやすい小さなお子さん、そして顔周りや陰部などの皮膚が敏感な部分にも使用されます。 水溶性基剤は他基剤とは性状が異なるため混合は避けます。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。

15
軟膏 アズノール

動くところにもかかわらず、早く治り、すごいと思ったのは痛くなかったのです。

軟膏 アズノール

月曜には病院に行こうと思うのですが、 とりあえず、薬剤師さんが進めた理由、 皆さんの意見等を詳しく説明していただけないでしょうか…?? よろしくお願いいたします。

2
軟膏 アズノール

033%の成分 カモミール(カミツレ)の有効成分と精製ラノリン、白色ワセリンでできています。

4
軟膏 アズノール

代替え品と言えば、白色ワセリンでいいのでは(この部分は筆者の偏見です。

1
軟膏 アズノール

A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 抗炎症作用 ジメチルイソプロピルアズレンは、皮下及び腹腔内投与により、 デキストラン浮腫、ヒアルロニダーゼ浮腫、ホルマリン浮腫(ラット) を、また塗布により、紫外線紅斑(ウサギ)、クロトン油皮膚炎 (ウサギ)、テレビン油皮膚炎(マウス)、熱性炎症(マウス) を抑制する。