足る を 知る 者 は 富む。 『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』(2ページ目)

富む 知る は 足る 者 を

老子の英訳をまとめて読みたい方は本サイトのをご覧くだされ。 それが、心安らかに生きるための一つの知恵とも言えるでしょう。 わたしもそれに賛成でしたから『別荘なんか必要ないよ』とお断りしたのです。

13
富む 知る は 足る 者 を

自分本来のあり方を忘れないのが長続きをする上で重要なことである。

13
富む 知る は 足る 者 を

函谷関。 彼は自分の分をわきまえているからか、決して豊かでない暮らしぶりに反して幸せそうだ。

12
富む 知る は 足る 者 を

しかし、足ることを知らない者は、天上の宮殿のようなところに暮らしていても、満足ということを感じられない。 つまり、実は 私達の心の中にも潜んでいるものなのかもしれない、と。 多くの飲食ができる餓鬼。

4
富む 知る は 足る 者 を

断食・断水(決勝) 決勝戦まで残った数名が、灼熱下などの苛酷な環境で1人を残して全員ギブアップするまで断食・断水を続けるという内容。

17
富む 知る は 足る 者 を

しかし、それは悲観するものではなくその過程にも人々の内面を豊かにする利点があるという考え。

富む 知る は 足る 者 を

(満足は触れるものすべてを金に変える「賢者の石」である。 非常にシンプルなことですが、それが、できそうでいてできないこと。 しかしながら相手に対して自分の想いや考えを本気で伝えようとするならこの表現では不十分であると言えるでしょう。