大林組 採用。 大林グループ|オーク設備工業株式会社

採用 大林組

大林組は水辺の工事で環境を守るために培った技術を活用し、海水がろ過装置を通る際に微生物を使ってふんや残った餌を分解、除去する仕組みを開発した。 そんな中で立ち上がるコミュニケーションとして、人々に希望や勇気を持ってもらえるものが作りたかった。

5
採用 大林組

さらに人類学の有識者による監修も受けながら、細かな表情、毛並み、挙動、その一つ一つにこだわり、原始時代の空気を再現している。

9
採用 大林組

かつて、人類がものづくりを拡張し続けたことで希望を見出し、乗り越え、現代の世界を作ってきたように。 2019年2月から約1年間、6000リットルの水槽に殻の長さ3~4センチの稚貝を入れて実験した結果、出荷できる大きさの平均7センチ程度まで育てることに成功した。

15
採用 大林組

「2021年のスタートは、人類がかつて経験したことのない不安や苛立ちにあふれている状況を予想していました。 また、屋内で飼育できることも特長で、常に清浄な水質で育成することができるため、悪天候や海の水質汚濁など環境変化に左右されることなく、安全・安心な水産物を安定して供給する。

採用 大林組

循環式養殖の国内での成功例は極めて少ないが、アワビの安定供給を図るとともに、従来の海面養殖で問題となっている海水汚染を防ぐ。 2019年7月に5000万画素の専用カメラを搭載した改良型を製品化し、認知拡大に注力している。 実験した水槽では、1日につき約120リットルの人工海水を新たに足すだけで済むという。

採用 大林組

国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2022年度に最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」を目標に置く。 大林組には、水辺での工事で生物への影響を抑えるため、水域環境の保全に関する多数の技術やノウハウが保有されている。 水槽での養殖は天候などの自然環境に左右されないため、事業化できれば安定して国産アワビを供給できそうだ。